[書籍] インフェルノ(上・下) ダン・ブラウン(著)

2016年04月02日
follow us in feedly

2016年10月28日(金)映画「インフェルノ」が公開予定ということで、読んでみました。

内容紹介
「地獄」。そこは“影”――生と死の狭間にとらわれた肉体なき魂――が集まる世界。目覚めたラングドン教授は、自分がフィレンツェの病院の一室にいることを知り、愕然とした。ここ数日の記憶がない。動揺するラングドン、そこに何者かによる銃撃が。誰かが自分を殺そうとしている? 医師シエナ・ブルックスの手を借り、病院から逃げ出したラングドンは、ダンテの『神曲』の〈地獄篇〉に事件の手がかりがあると気付くが――。

ロバート・ラングトンシリーズ第4弾

本作品は天使と悪魔、ダヴィンチコード、ロスト・シンボルに続くロバート・ラングトンシリーズ第4弾。

お馴染みのシリーズです。

物語は芸術の都フィレンツェからスタートしますが、世界遺産であるフィレンツェ歴史地区にある「ヴェッキオ宮殿」や「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」「ピッティ宮殿」などを舞台にとにかく逃げ回ります。

逃亡中はラングドンの回想により、それらの歴史的建造物や美術作品の詳細が語られるため、いつものような疾走感が感じられずに、なかなか一気読みできずにちょっと残念。

フィレンツェからヴェネツィア、イスタンブールと舞台が移動していくに従って、スピード感を持って物語が進み始める感じです。

今回のキーワードは、人口過剰問題と遺伝子工学。

人口が一日当たり25万人ずつ増加しているという現状を危惧した、世界的に有名な遺伝子工学者「ベルトラン・ゾブリスト」が人口抑制のために暴走します。

事態の解決に向け、ラングトンはダンテの「神曲」を暗号として謎解きしていくわけですが、知的好奇心をくすぐられる情報量と謎解きのゲーム性がこれまでの作品と比べると薄いですね。

駄目だしばかりになってますが、きっと映画は面白いと思います。

小説では歴史的建造物や美術作品などを活字で説明しすぎるため、物語が間延びしちゃってますが、その点は映像でシンプルに解決できるので。

今年の秋公開の映画に期待しましょう。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ