FTPのアクティブモードとパッシブモードの違い

2016年05月01日
follow us in feedly

ホームページを公開するには、制作したファイル類をサーバーにアップしなければいけません。

この時、利用するのがファイルを転送するプロトコルであるFTPです。

PCからFTP接続する場合は、windowsならコマンドプロンプト、Macならターミナルから行うことができますが、ほとんどの方がFTPクライアントソフトを使っていると思います。

ちなみに私はFilezillaを使っています。

FTPはTCPの21番ポートを使って転送制御を行い、20番ポートでデータ転送を行っています。転送制御のポートが独立しているため、転送の途中で動作を停止するようなコントロールがしやすくなっています。

アクティブモードとパッシブモード

21番ポートで制御用の接続が行われると、20番ポートでデータを転送するための接続をつくります。

この時、サーバ側からクライアントに対して接続を開始するのがアクティブモード。クライアント側からサーバーに対して接続を開始するのがパッシブモードになります。

私が使っているFilezillaでもどちらかの転送モードを設定画面から指定しなければなりません。

Filezilla設定画面

パッシブモードが推奨になっていますね。

これは、クライアント側のネットワークの多くはファイアウォールによって外からの不正侵入を防いでいるからです。

アクティブモードはサーバーから転送データ用の接続を作るので、クライアント側から見れば、外からの侵入になります。ここで接続が許可されなければファイルの転送が開始できません。

だから、パッシブモードが推奨だというわけです。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ