[Photoshop] 縦長のWEBデザインでも簡単に好きな位置に移動できる小技

2016年06月10日
follow us in feedly

photoshop起動

Photoshopでウェブページをデザインしていると、どんどん縦長になってしまって上から下へ、下から上へと表示領域を頻繁に変えながら作業を行うことあります。

その度に一々縦スクロールで移動していたのでは手間がかかって仕方ありません。

そんな時ははショートカットキーを使って、commandoptionSpace でズームツールに切り替えて縮小したり、Space で手のひらツールに切り替えて、ドキュメントを動かすと便利ですね。

しかし、もっと便利な小技があります。

それは H キーを押しながらクリックだ!

例えば、次のような表示状態で

移動前

H キーを押しながら画面をクリックしたままにすると、縦長ページの全体が表示され矩形が現れます。その矩形をドラッグして表示したい位置に移動すれば・・・

全体表示

元の拡大状態を維持したまま好きな位置に移動できます。快適すぎます。

移動後

縦長ページをデザインする時に知っていると便利な小技でした。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ