[書籍] カエルの楽園 百田尚樹(著)

2016年06月21日
follow us in feedly

百田尚樹氏のリツイート祭りによりtwitterのタイムラインが「カエルの楽園」の感想で埋め尽くされた時は、リツイートを非表示にして回避していたのですが、気がつけばベストセラー作品。

内容はだいだい漏れ伝わってきていますが、著者自ら「私の最高傑作」と断言しているくらいですからね。読んでみました。

カエルの楽園表紙

内容紹介
安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは―。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

3戒を信じるナパージュのツチガエル

主人公はアマガエルの「ソクラテス

毎日のようにダマガエルに食べられるので、長老たちの反対を押し切って60匹の仲間たちと国を捨て、安住の地を求めて旅立ちます。

ですが、安住の地など無く、とうとう「ロベルト」と2匹だけになってしまいます。

そして死を覚悟して、2匹で岸壁を登った先にあったのが平和で豊かな国「ナパージュ

そこは、

カエルを信じろ
カエルと争うな
争うための力を持つな

という3戒を守れば、世界は永久に平和だと信じているツチガエルの国。

まさに「カエルの楽園」

ナパージュは日本

とまあカエルのお話なのですが、これ現在の日本を揶揄してます。

ソクラテスとロベルトが決死の覚悟で辿り着いた国「ナパージュ」がもちろん日本です。「japan」を逆から読んでますね。

ツチガエルが信じている3戒は憲法9条でしょうかね。

巨大なワシの「スチームボード」が在日米軍、「ハンニバル兄弟」は自衛隊かな。

「ナパージュのカエルほど残虐なカエルはいない」と過去の行いを謝るために「謝りソング」を合唱させる権力者「デイブレイク」や最年長の元老「ガルディアン」がスチームボード、ハンニバル兄弟を排除した時、ウシガエルが攻めてきた!

果たして3戒はこの危機を救ってくれるのか。ツチガエル達の運命は・・・・・

という話です。

賛否両論はあるでしょうが、ベストセラーですからね。話題性だけではなく、評価している人が多いのでしょう。

■さいごに

参院選の公示日前ですが、政党の宣伝カーが大音量で安全保障関連法廃止を訴えてます。

ボリュームを絞ってもっと冷静に話さないと、この本を読んだ人には「ガルディアン」や「デイブレイク」を連想されそうですね。

百田尚樹氏のしてやったり顔が目に浮かびます。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ