Evernoteの価格プランの改定とエックスサーバーの独自SSLの無料提供のニュースに思う事。

2016年07月02日
follow us in feedly

Evernote、そしてエックスサーバーから同時期に発表されたサービス内容変更の2つのニュース

それぞれ提供しているサービスは違いますが、どちらも仕事で使っているので、今回のニュースを対照的だなと感じます。

Evernoteは改悪

Evernoteは無料で利用できる「ベーシック」に同期できる端末数2台という制限を設けました。そして、有料の「プラス」を[月額240円/年額2,000円]から[月額450円/年額4,000円]に、「プレミアム」を[月額240円/年額2,000円]から[月額600円/年額5,200円]に値上げしました。

Evernoteが言う改定の理由は納得できますが、

次世代の Evernote を作るために
私たちは、価格プランの変更がみなさんに及ぼす影響をとても真剣に考えており、ユーザのみなさんへの感謝の気持ちを忘れることもありません。私たちの目標は、長期的に Evernote を改良し続けることです。ユーザのみなさんの要望に応える新機能も随時実装しながら、主要製品をよりパワフルに、直感的に使えるようにすることに引き続き投資してまいります。一方で、それを実行するためにはたくさんの労力と時間、そしてお金が必要になります。そこで、Evernote に大きな価値を見出してくださる方には、私たちが必要な投資を行えるよう、ぜひ力を貸していただきたいと考えております。ひいては、Evernote 製品の利用体験をさらに進化させていきたいのです。

Evernote は大企業ではありません。そして、ノートアプリの開発は私たちにとって副業ではありません。それは私たち Evernote にとってのすべてであり、私たちはこの分野で誰よりも良い製品を作らねばならないですし、その自信があります。これまでと同様に、みなさんが頭の中で考えていることを記録し、そのアイデアをさらに発展させるために Evernote をご活用いただきたいと考えております。

こうした思いを踏まえ、今後、Evernote の各プランの価格を以下のように設定させていただきます。

値上げにより有料プラン移行への敷居が上がった状態で、無料プランの同期端末数を絞るというのは単純にユーザー離れを促すだけじゃないかと思うんですね。

だって、同期端末数が2台になったとしても、WEBブラウザからのアクセスには制限が無いので、ユーザーはせっせと同期端末数を絞って、「使い勝手が悪くなったなー」という感覚だけが残る気がします。

エックスサーバーは画期的

一方エックスサーバーはすごいですね。

すべてのサーバープランを対象に、独自SSLの無料提供を開始ですよ。

独自SSLは検索エンジンのSSL化の流れなどもあり、SEOの点からも重要性が高まっているんですよね。

ただ導入コストや手続きの面倒さで躊躇される方が多かったのも事実です。

そこを無料・無制限に利用できるようにしたのは本当に画期的。

エックスサーバーは激安サーバーと比較すれば、ちょっと料金は高いかもしれませんが、安定かつ高速でサポートが充実しています。

さらに8月31日まではドメインプレゼントキャンペーンが実施中です。

サーバー取得や乗り換えを検討中の方はオススメですよ。



■さいごに

全く違うサービスについて評価するのは、公平ではありませんが、多くのユーザーがいるサービスは改善によって有料ユーザーを増やしていった方がいいですね。

Amazonプライム会員向けの特典追加を見てもそう感じます。

Tシャツを買ったことがあるほどEvernoteが好きだった私としては改悪と指摘されている今回の改定はちと残念でした。

無料ユーザーに広告を表示させてでも、同期端末数の制限はしない方が良かったんじゃないのかな〜

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ