WordPress4.6リリースで「Masonry」に不具合がでますね。

2016年08月17日
follow us in feedly

wordpress1

本日リリースされたWordPress 4.6–en_USにアップデートして動作確認をしてみました。

本バージョンではプラグインやテーマのインストール、更新、削除がページ遷移なしで行えるようになっています。

AJAX使用により実行速度を上がったと予想されます。

個人的に気になったのは、入力中に不完全なURLを検知できるようになったこと。

視覚的にリンク切れの状況がわかるように工夫されています。

不具合については、高さの違うブロックをレンガ状に表示することができる「masonry」が表示崩れを起こしました。

今回のアップデートによりの外部ライブラリの「masonry」が 「version 3.1.4」から「version 3.2.0」にアップデートされているので、それが原因でしょうか。

また、imagesLoadeがアップロードされてだけでなく、別ファイルに分割されています。

サイトデザインに「Masonry」を利用している場合は今回のアップデートは注意が必要です。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ