[FileZilla] サーバーにアップしたファイルの更新日時にズレがある場合の対処。

2016年11月17日
follow us in feedly

filezilla

WEBサイト制作をやっている立場上、ご依頼のお客様に応じて様々なサーバーにFTPでアクセスします。

その際に、アップロードしたファイルの更新時間が大幅にずれていることがあります。

更新時間にズレが生じる理由

それは、サーバー側のタイムゾーンがUTC(協定世界時)に設定されているためです。

UTC(協定世界時)とは
UTCとは、全世界で時刻を記録する際に使われる公式な時刻。天体観測を元に定めるGMT(グリニッジ標準時)とほぼ同じだが、SI単位系の1秒(セシウム133が91億9263万1770回振動する時間)を原子時計で計測して決定している。

一方、日本で私達が使用しているPCは位置情報に基づいて自動でタイムゾーンを設定している場合が多いので、JST(日本の標準時)になっています。

JST(日本の標準時)は「UTC+09:00」と表記されるように、UTCを9時間進めた時刻。

つまりこの環境では更新日時に9時間のズレが生じるということです。

対処法

使用しているサーバーによってはタイムゾーンの設定をいじることができると思いますが、私の立場ではお客さんが契約しているサーバーのホスト設定情報しか把握していないことがほとんどですので、FTPクライアントソフトで対処します。

ちなみに私が日頃使っているFTPクライアントは「FileZilla」です。

まずサイトマネージャーを開き、対象のエントリを選択した状態で詳細タブを開きます。

一番下にサーバーのタイムゾーン オフセットの調整と表示されている項目を-9時間に変更してOKで確定。

img_timezone_1

更新日時のズレが解消されていたらこれで対処完了です。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ