Windows更新プログラムに不具合がありWindowsPCが起動しなくなる恐れがあります。

2014年08月19日
follow us in feedly

WindowsPCに異常は発生していませんか?

米Microsoftは、2014年8月13日に公開した更新プログラムの適用によりOSが起動できなくなる不具合が起こる場合があることを明らかにしています。

対象はWindows 8.1/8/7/Vista、Server 2012 R2/2012/2008 R2/2008/2003です。

「KB2982791」「KB2970228」「KB2975719」「KB2975331」いずれかの更新プログラムがインストールされると「Stop 0x50」エラーが発生しPCが異常終了するという具合です。

異常が発生した場合の対処方法は以下のページを参照してみてください。

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある

私のWindowsPCは8月14日に自動更新されていました。

不具合が発生する要件を満たしていなかったので、起動しなくなるという事態は起こっていませんが、予防的処置のため、該当する更新プログラムをアンインストールすることが推奨されています。

ここは素直に予防的処置をとってみましょう。

更新プログラムをアンインストール手順

1.コントトールパネルを開きます。
更新プログラムのアンインストール手順1

2.表示方法をカテゴリにして「プログラムのアンインストール」をクリック。
更新プログラムのアンインストール手順2

3.左側にある「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック。
更新プログラムのアンインストール手順3

4.8月14日あたりにインストールされた項目を探して「KB2982791」「KB2970228」「KB2975719」「KB2975331」のいずれかと同じ数字がかかれたプログラムを見つけてください。見つかったら選択して上部のアンインストールをクリックします。しばらく時間がかかるかもしれません。完了したらPCを再起動して問題なく起動すれば終わりです。
更新プログラムのアンインストール手順4

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ