WordPress 4.7では画像の代替テキスト(alt属性)に自動でテキストは入らない。

2016年12月21日
Sponsored Link

WordPress 4.7アップデートにより、代替テキスト(alt属性)の扱いが変更されています。

これまでは「メディアを追加」から画像を挿入すると、画像タイトルやキャプションの内容が自動で代替テキストに入力されていましたが、アップデート後はalt=””のように空になリます。

変更理由はアクセシビリティ向上のため。スクリーンリーダー機能によりPC操作補助を利用してようなケースでは意味のない画像タイトルが代替テキストに自動挿入されると迷惑ですからね。

フィルターフックを使って、次のようにfunctions.phpに追記すれば、これまでのように画像タイトルを代替テキストに自動挿入できますが、

function my_auto_alt($response, $attachment, $meta) {
  if (empty($response['alt']))
    $response['alt'] = $response['title'];
  return $response;
}
add_filter('wp_prepare_attachment_for_js', 'my_auto_alt', 10, 2);

アクセシビリティ向上の趣旨とズレるので、今後はメディアライブラリの代替テキスト項目に値を手動設定したほうがいいでしょうね。

代替テキスト入力欄

ちなみに、これまでに公開したコンテンツには自動挿入された代替テキストは残ります。

follow us in feedly

関連記事

福岡のウェブデザイン事務所「ハブワークス」

HP作成・リニューアルは福岡のハブワークスまでお気軽にお問い合わせください。ウェブサイト公開後の修正・更新もお任せください。フリーランスだからできるリーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ