[WordPress] Contact Form 7などメールが届かない時には「WP Mail SMTPプラグイン」で外部のSMTPサーバに切り替えよう

2017年04月18日
Sponsored Link

wordpress1

Contact Form 7などで送信元にサイトのドメインに属していないメールアドレスを指定していると、送信された内容が受信者には届かないといったトラブルが発生するケースがあります。

これは中継するメールサーバーが偽装アドレスと認識するためです。このスパム判定はWordPressをインストールしているサーバーにより起こる頻度に差はありますがメールが届かないケースが一度でもあるなら、外部のSMTPサーバを経由してメール送信するように設定変更した方が無難です。

WP Mail SMTPプラグインを利用する

WP Mail SMTPプラグインはContact Form 7だけでなく、WordPressがサイト管理のために通知するメールも含めて外部のSMTPサーバに切り替えることができます。

設定画面も日本語化されていますし、同様の機能を有したプラグインの中では最も使われているプラグインです。

WP Mail SMTPプラグインを利用方法

WP Mail SMTPプラグインをインストール・有効化します。

有効化が完了するとダッシュボードの「設定」に「メール」が追加されているので、そこからWP Mail SMTPの設定画面へ。

1.メール詳細設定

img_smtp

From Email 送信元メールアドレス
From Name FROMに設定する名前
From Name WordPressの全てのメールをSMTP経由で送信する。を選択
Return Path チェックする

2.SMTP設定

img_smtp1_1

SMTP Host 利用メールのホスト名を入力。Gmailならsmtp.gmail.com
SMTP Port OP25B回避で587が一般的。Gmailなら465
Encryption SMTP Portが587ならTLS、465ならSSLでOK
Authentication SMTP認証を使用
Username 設定するメールアカウントの仕様に応じてユーザー名を入力
Password 上記メールアカウントのパスワードを入力

3.テストメールの送信

ここまでの外部SMTPの設定が終わったら、メールアドレスを入力してテスト送信してみてください。

img_smtp2

4.テストメールの送信結果

メッセージの送信結果がbool(true)となっていれば送信成功です。

img_smtp3

follow us in feedly

関連記事

福岡のウェブデザイン事務所「ハブワークス」

HP作成・リニューアルは福岡のハブワークスまでお気軽にお問い合わせください。ウェブサイト公開後の修正・更新もお任せください。フリーランスだからできるリーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ