cssとJavaScriptを圧縮してスピードアップ

2014年06月11日
follow us in feedly

PageSpeed Insightsでの解析結果に対して、もう少し改善対策をしてみました。

今回はCSSとJavaScriptの圧縮です。

スピードアップするほどサイズが縮小される要因ではありませんが、Googleは喜んでくれるでしょう!ということで作業開始です。

使用するツールはとにかくシンプルな「Minifier」です。

Minifier


CSS、JavaScript圧縮ツール

使い方は簡単です。STEP1でソースタイプを選択して、STEP3のテキストボックスに圧縮したいソースコードを貼り付けて「Generate」をクリックするだけ。

CSSを圧縮する手順

すると、結果画面に圧縮されたソースコードが出力されます。

CSS圧縮されたソースコード

CSSとJavaScriptの圧縮が完了したところで、再度PageSpeed Insightsで解析!

89点!

PageSpeed Insights解析結果
follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ