[Mac]SassとCompassインストール中のエラー回避策

2015年10月22日
follow us in feedly

design

Macbook AirにSassCompassをインストールします。

MacにはRubyがプリインストールされているので、サクサクっと作業完了させますよ!

まずSassから行きます。

RubyにバンドルされているRubyGemsを使ってインストールします。

ターミナルを起動して次のgemコマンドを実行します。

sudo gem install sass

コマンドを実行するとMac OS Xのパスワードを求められます。入力中はカーソルは動きませんが、気にせずに入力してreturnキーを叩けばインストール完了です。

sassインストール

続いてCompassのインストールです。

次のgemコマンドを実行します。

sudo gem install compass

するとエラーになってしまいます。

ERROR:  While executing gem ... (Errno::EPERM)
 Operation not permitted - /usr/bin/sass

調べてみると、原因はOS X El Capitanの新たなセキュリティ整合性保護機能(SIP: System Integrity Protection)通称”Rootless“にあるようです。

この機能により、管理者権限(sudo)であっても”/System”, “/bin”, “/usr”, “/sbin”ディレクトリにファイルの作成ができないとのこと。マルウェア対策でアクセス制限がかかっているようですが、これ迷惑。

この機能を無効にするには、csrutilコマンドが用意されており、

csrutil disable

と入力すればいいのですが、これリカバリーモードでしか利用できません。面倒くさい。

すると、いい記事を発見しました。

記事にあるように

sudo gem install -n /usr/local/bin compass

と入力して実行したらインストールできました。ありがたや。

compassインストール

最後に次のコマンドでgemをアップデートしてSassとCompassを最新にして完了です。

sudo gem update --system
follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ