[Photoshop] 修正時に泣きを見ないためのレイヤー結合

2016年03月05日
follow us in feedly

Photoshopアイキャッチ

今回はレイヤー結合の話です。

Photoshopを利用してWEBデザインを行っていると、例えばフィルターをかけるために行ったレイヤー結合が仇となり、後々修正で泣きを見るということが起こりがちです。

そこで、知っていれば簡単なことですが、修正時に困らないレイヤー結合の方法をまとめます。

通常のレイヤー結合

背景画像にテキストレイヤーが2つある次の画像を例にしてみます。

複数のレイヤー

結合したいレイヤーを全て選択した状態で、レイヤーパネルメニューのレイヤーを結合をクリックするか、もしくはショートカットキー command + E でレイヤー結合します。*windowsの場合は ctrl + E になります。

すると、複数あったレイヤーが次の画像のように一つのレイヤーに結合されます。ただこの状態になると、後からテキストを修正する必要が生じた時に修正ができません。

レイヤー結合

結合前の状態を保持してレイヤー結合

結合前の状態を残しておきたいなら、単純に複製してからレイヤー結合すればいいのですが、そんなことをしなくても簡単に実現できます。

やり方はいたってシンプルです。レイヤー結合の操作の際に option キーを押しながら操作するだけです。*windowsの場合は Alt キーになります。

そうすると次の画像のように、結合前のレイヤーは残ったまま、レイヤー結合を行うことができます。結合されたレイヤーには末尾に (結合)と自動で書かれています。

元ファイルを残す

ではまた。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ