[佐賀]川上峡春まつり「第33回こいのぼり吹き流し」で春の訪れを感じました。

2016年03月22日
follow us in feedly

佐賀県佐賀市大和町の官人橋付近で開催中の「第33回こいのぼり吹き流し」に行ってきました。

第33回こいのぼり吹き流し

官人橋の地図はこちら▼

第33回こいのぼり吹き流し

川上峡に架かる官人橋の上下流に、市民の皆様から寄贈されたおよそ300匹の鯉のぼりが春風にそよぎ群舞する姿は壮観です。

初めて行ってきたのですが、32年目を迎える川上峡の春の風物詩としてす定着したイベントになっているそうです。今年は3月19日(土)〜5月15日(日)の期間開催されています。

駐車場も用意されてました。

官人橋付近なんて漠然とした場所なので、見物客が多いと駐車場探しが大変そうだなと思っていましたが、與止日女神社の駐車場へと警備員さんに誘導され、すんなりいきました。警備員さんがいたのは祝日だからでしょうね。

與止日女神社

駐車場から神社の方に向かうと河川敷に降りていけます。
河川敷へ

観光屋形船よどひめ号

開催中の土日祝日春休み期間中は屋形船に乗ることができます。運行時間は10:00〜16:00です。

乗船場

乗船料金は中学生以上は300円、小学生は100円、幼稚園以下は無料です。

屋形船乗船料

乗船待ちの列に並んで、順番が来たら手渡しで支払いをして屋形船に乗り込みます。

観光屋形船よどひめ号

屋形船の最大搭載人員は2人の船頭さんを含めて17人です。

17人乗り

私達家族は2回待って順番が回ってきましたが、遊覧時間は15分程度なので、そんなに苦になりません。その間子供たちは乗船場の隣にある大木のそばで遊んでました。

大木

いよいよ遊覧出発です。

この日は晴天で、気持ちよかったですね。まだ肌寒さが残る時期ですが、船の座面が温かくてチビ達は途中で寝転んで空を泳ぐ鯉のぼりを楽しんでいました。

コイのトンネル

300匹のこいのぼり

よどひめ号

この吹き流しに使われている鯉のぼりはほとんどが寄贈されたものだそうです。今後も鯉のぼりの数を増やしていくために、寄贈を待っているそうですので、いらなくなっった鯉のぼりを持っている方は寄贈されたら喜ばれますよ。

【お問い合わせ先】
佐賀市観光協会 0952-20-2200

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ