IKEAのテーブルトップ「GERTON」は硬いので脚の取付にはコツがいる。

2016年12月31日
Sponsored Link

IKEAの家具でデスク周りを刷新しましたが、実は簡単なはずの組立に振り回されて大変でした。

組立1日目

GERTON」は天然の無垢材を使用しているので、かなり重量があります。狭い階段を一人で担いで仕事部屋まで運んできました。

GERTON

運んでしまえば、あとは脚となる「ADILS」を4本取り付けるだけだと思っていたら・・・

ADILS

無垢材が硬すぎて脚を固定する金具のネジが途中から回らない。1本でもネジが止まれば多少時間がかかってもそのまま頑張ろうと思いましたが、1本も止まらない。

ネジが入らない。

そうこうしているうちにネジ穴がなめ始めました。これはマズいと落ち着いてググってみると、IKEAではネジの規格がお馴染みのプラスビットではなく、ポジドライブという別のものらしい。

結論としては、IKEAで売ってる電動工具を買ってくれば万事解決するぞということのようなので、諦めて寝ました。

組立2日目前半

じゃ~ん! もう一度IKEAまで行って電動ドライバーを買ってきました。ネットにはこれで充分と書いてあったので、ケチって安い方にしました。

電動ドライバー

これで簡単にネジが回ってキュッと締まるはずが、トリガーを引いてもネジが回らない。うんともすんとも言わない。ちょっと途方に暮れたあとにIKEAのカスタマーサービスに電話してみました。

そこで担当から受けた説明では、同じような問い合わせは寄せられており、無垢材の状態によっては硬すぎてネジが回らないらしい。たとえ電圧の高い方の電動ドライバーを使っても結果は同じになる可能性があるとのこと。

そして、どうしてもダメなら返品をお願いしますだって。「でたー伝家の宝刀」 IKEAにはこの手があリますからね。ただこっちとしてはそうはいきません。

那珂川町からIKEAがある新宮町まで2回も行っているわけですから、返品すれば済む問題ではありません。こうなったら意地です。

組立2日目後半

ナフコに行ってIKEAの電動ドライバーに取付られる六角軸のドリルタップを買ってきました。直径3mmです。

六角軸のドリルタップ

テーブルトップ「GERTON」にもともと開いている下穴は16mm。そして取り付けるネジは25mmです。つまり、このドリルで9mm深く下穴を開ければ、ネジが止まる計算です。

六角のドリルをつけたところ

と思ったら、あっさりドリルが折れました。心も折れそうになりましたが、なんとか踏みとどまって

IMG_1400

再びナフコへ。直径4mmのドリルタップを買ってきました。これなら大丈夫でしょう!

直径4mmのドリルタップ

ドリルタップには25mmの位置にしるしを付けて、間違えても貫通しないよう慎重に下穴を開けていきます。

IMG_1401

そして、ついに脚を取り付ける4つの金具が計20本のネジで固定されました。嘘です。19本でした。一つの下穴には折れたドリルが埋まっていますorz

IMG_1402

■さいごに

IKEAも購入時に「無垢材が硬いので組立には注意が必要」と教えてくれればいいのに! フンガー!

とりあえず「GERTON」に脚を取り付けるのに困ったら、下穴を9mm深くしてみてください。

follow us in feedly

関連記事

福岡のウェブデザイン事務所「ハブワークス」

HP作成・リニューアルは福岡のハブワークスまでお気軽にお問い合わせください。ウェブサイト公開後の修正・更新もお任せください。フリーランスだからできるリーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ