ストリーミング形式の音楽配信サービス「Apple Music」はオフラインでも聴ける!

2015年07月01日
follow us in feedly

ScreenShot00541s

本日、AppleよりiOS8.4が正式リリースされましたね。

今回のアップデートの目玉はストリーミング形式の音楽配信サービス「Apple Music」です。

早速「Apple Music」を試すために、アップデートしました。

iOS8.4にアップデート

iOS8.4

アップデートはWifi環境で20分程度で完了。今のところ不具合は起こっておりません。

ミュージックアプリを起動

3ヶ月は無料で利用可能なので、「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」をタップします。続いて、無料期間終了後のプランを選択します。

個人利用月額¥980もしくはファミリー利用(最大6メンバー)¥1,480の2択です。

Apple Music

アプリを起動して、iCloudミュージックライブラリが有効になっていないと、アラートが出るので、設定ミュージックから有効にする必要があります。

Apple Music

ようやく「Apple Music」を試す準備が整いました。ミュージックアプリのアイコンが赤から白に変わりました。音符マークはレインボーカラーです。

Apple Music

なんとオフラインでも再生可能です

先ずは検索するか、下部にあるタブからFor YouNewを選択して聞きたい曲を探します。見つかったら曲の右端にある「・・・」をタップします。

表示されたメニューにはいろいろな項目がありますが、曲を聞くだけなら「ステーションを開始」です。

驚いたのは、「Apple Music」はストリーミング形式の音楽配信サービスでありながら、ダウンロード可能です。「オフラインで再生可能にする」をタッチすればOKです。

Apple Music

「Apple Music」以外にも、「AWA」、「LINE MUSIC」といったストリーミング形式の定額音楽配信サービスが開始していますが、「AWA」は現在オフラインで利用できません。「LINE MUSIC」はキャッシュを利用してオフライン利用ができるようですが、裏ワザ的な利用なので、実用性はかなり低いです。

そう考えると、この市場でもAppleがシェアを広げていくのかもしれません。

■さいごに

注意点が2つあります。

1つはモバイルデータ通信で利用すると、かなりパケットを食われます。Wi-Fi環境で利用しましょう。幸いオフライン利用が可能なので、Wi-Fiでダウンロードして、外で聞く時はオフライン再生が良いかと思います。

もう一つは「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」により利用を始めると、3ヶ月経過後、自動更新されて料金が発生します。

アプリ左上のアイコンをタップして、「Apple IDを表示」→「購読」の管理と進み、自動更新をオフにすれば、無料期間終了後に料金が発生することはありません。

自動更新オフ

音楽業界のビジネスモデルは変わり続けていますが、「Apple Music」がスタートした本日7月1日は、くしくもウォークマンの日です。

 今日のオススメはワイヤレスイヤホン!

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ