[WordPress] CDNを通じて提供されているTiled Galleriesもキャッシュ削除できない!?

2015年12月15日
follow us in feedly

wordpress1

前にPhotonはキャッシュが削除できないので利用には細心の注意が必要です。という記事をアップしました。

もう一度書きますが、PhotonとはWordPressを運営するAutomatticが開発した高機能なプラグイン「Jetpack」一つの機能で、ページの表示速度遅延の原因となる画像を外部の複数サーバーにキャッシュして、ユーザーがページにアクセスすると最も近いサーバーが画像配信を行ってくれます。その機能を利用するには手動で有効化するだけというお手軽さです。

この機能によりページ表示速度の向上が期待できるので、とりあえず有効化しておけば良さそうですが、注意が必要です。キャッシュされた画像を削除することができないので永遠に残ってしまいます。

現在この機能を利用しているなら、自分のページを右クリックして、Photonでキャッシュされた画像のURLを探してみてください。キャッシュされた画像はURLの最初が「i0.wp.com」や「i1.wp.com」「i2.wp.com」になっています。

このURLはPhotonを無効にしても、サーバーから元の画像を削除しても、サイトを閉じても永遠に残ります。ちょっと怖いでしょ。

Tiled GalleriesもCDNを通じて提供されている

ここからが本題なのですが、Photonと同じく「Jetpack」の機能にはTiled Galleriesというものがあります。

Tiled Galleriesは新規投稿画面のメディア追加から簡単に複数画像をタイルレイアウトで表示することができる便利な機能です。使っている方は多いのではないでしょうか。

その説明ページには「注: タイル状ギャラリー内の画像には特別な処理が必要なため、Photon モジュールが有効化されていない場合でもこれらの画像は WordPress.com の CDN を通じて提供されます。」と書いてあります。

Tiled Galleries

おそらくTiled Galleriesを使ってアップされた画像も永遠にキャッシュされると思った方が良さそうですね。

WordPressのプラグインは技術が必要な処理を簡単に解決できてしまったり便利な反面、落とし穴も多いので、よく注意してご利用くださいね。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ