[Mac] フリーソフト「LibreOffice」を使えばCSVファイル編集が便利になるぞ。

2015年12月27日
follow us in feedly

昨日は朝から晩まで MakeShop で利用するCSVファイルを作成していました。

ほとんど椅子から立ち上がることもなく単純作業を繰り返して、やっと終わったのでインポートするとエラーが発生。

MacのNumbersを使って作業を行うのは初めてだったので、多少嫌な予感はありましたが、思わず白目になってしまいました。

Excel以外でCSVファイルを編集する時には、

「,」(カンマ)、「改行」をデータとして登録する場合は、必ず「”(ダブルクォーテーション)」にて囲むようにしてください。

というルールがあるんですが、その対応に正規表現を使ってガンガン置換していったのがいけなかったようですね。

再びCSVファイルとにらめっこしながら、問題の箇所を訂正していたのですが、データが膨大で集中力が無くなってきました。

そんな時に救世主となるフリーソフトを発見しました。

LibreOffice

LibreOffice

LibreOffice はMacOSにも対応したオープンソースのオフィス統合環境です。

ページ内のダウンロードから「LibreOffice最新版」と「日本語訳インターフェース」を入手してそれぞれインストールします。

日本語化する時に次の表示がでてインストールできない場合は

開発元が未確認のため開けません

「LibreOffice Language Pack.app」の右クリックメニューから「開く」を選択すると開くボタンが表示されインストール可能になります。

スクリーンショット 2015-12-27 13.27.24

LibreOffice Calc

インストールが終わったら、「LibreOffice」を起動します。

「OpenOffice.org」から派生したソフトなので、ワープロソフト「Writer」、表計算ソフト「Calc」、プレゼンテーションソフト「Impress」、データベースソフト「Base」、ドローソフト「Draw」、数式編集ソフト「Math」の6つのソフトが含まれています。

calc

もちろん今回は表計算ソフト「Calc」を使用します。

csvファイルを読み込むと、次のように設定画面が開きます。自動で数値が変換されることを防ぎたいならフィールドからセルを全選択して列の種類で「テキスト」を選択しておけばOKです。

フィールド設定

保存の際は「名前を付けて保存」の設定画面で「フィルター設定を編集する」にチェックを付けて保存ボタンを押せば、フィールドのオプション画面が開きます。

フィルター設定編集

今回正規表現を使って置換した「,」(カンマ)を「”(ダブルクォーテーション)」で囲む処理は、「すべてのテキストのセルを引用符で囲む」にチェックマークを付ければOKです。

引用符で囲む

同様の対応で苦労している方は便利なフリーソフト「LibreOffice」をお試しください。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ