WEBサイトのフッターにあるcopyrightの表示が自動更新されるようにカスタマイズする。

2014年07月16日
follow us in feedly

WordPressで構築したWEBサイトのフッター部分に表示するcopyright(著作権)ですが、年表示を毎年手動で更新するのは手間ですし、更新を忘れてしまうこともあります。

copyrightをカスタマイズ

そこで自動で更新できるようにカスタマイズします。

カスタマイズしたソースコード

いきなりですが、最初にカスタマイズしたソースコードを記載します。

<p id="copyright">
 <small>Copyright &copy; 2013-<?php echo date_i18n('Y');?><a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>" title="<?php echo esc_attr( get_bloginfo( 'name', 'display' ) ); ?>"><?php bloginfo( 'name' ); ?></a> All rights reserved.</small>
</p>

上記のコードを順番に解説します。

&copy

は著作権記号の©を表示する為の文字実体参照です。

<?php echo date_i18n('Y');?>

はローカル日時を取得する関数です。

phpには

<?php echo date('Y');?>

のようにdate関数がありますが、Wordpressは時刻はUTC協定世界時で扱っているので、date関数を使うとUTCの時刻が返ってきて時差で時刻がずれます。時差を調整するためにdate_i18n関数を使って日時を取得します。

<a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>

はテンプレートタグhome_urlでサイトのトップページURLを取得します。esc_urlでURLとして不適切な文字列の削除などを行います。このようなエスケープ処理は悪意のあるスクリプトを注入させるといったXSS(クロスサイトスクリプティング)を防止するために必要です。

title="<?php echo esc_attr( get_bloginfo( 'name', 'display' ) ); ?>">

はテンプレートタグget_bloginfoの第1引数にnameを指定して、管理画面で指定したブログのタイトルを取得します。第2引数にdisplayを指定するとwptexturize()などのフィルタが適用されます。
また、この部分はHTMLのtitle属性なのでesc_attrを使ってエスケープ処理をします。URL以外の属性値のエスケープ処理は全てesc_attrを使用します。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ