Outlook.comに接続した「その他のメールアカウント」が送信できない場合の対処法

2018年08月03日
Sponsored Link

MicrosoftのWebメールサービス「Outlook.com

outlook.com

これ、メールをローカル保存する「Outlook」とは全くの別物なんですね。

私はMacユーザー&Gmailを長いこと使っているので、存在自体ほとんど知らなかった・・・・

Outlook.com」に独自ドメインのメールアドレスを追加

先日、クライアントさんがこのサービスを使っていたので、独自ドメインのメールアドレスを追加するお手伝いをすることに。

設定 > メールを同期 から 「その他のメールアカウント」が追加できるのですが、

Outlook.comにその他のメールアカウント追加スクリーンショット_2018-08-03_15_56_57

接続設定を何度やっても、受信はできても送信が全く成功しない!

失敗の原因は独自ドメインを利用しているサーバーにあった

Xサーバーの「SMTP認証の国外アクセス制限」に引っかかっていたようです。

xサーバーのsmtp認証の郊外アクセス制限設定

Xサーバー側には

※まれに国内IPアドレスからのアクセスであっても、システム上で国外IPアドレスからのアクセスとして誤認され、メール送信が制限されてしまう場合があります。

という注意文とともに

国内でも一般的に使用される以下のホスト名は、国外からのアクセスの場合も本機能による制限の対象外としています。

google.com、outlook.com、hotmail.com、ap-northeast-1.amazonaws.com、ap-northeast-1.compute.amazonaws.com、ap-northeast-3.amazonaws.com、ap-northeast-3.compute.amazonaws.com

と記載があって、「outlook.com」もあるんですけどね。

とにかく、この制限をOFFにすることで送信できました!

smtp認証の郊外アクセス制限ON

同じ症状でお困りの方は、Xサーバーに限らず、サーバーの設定をご確認ください。

follow us in feedly

関連記事

福岡のウェブデザイン事務所「ハブワークス」

HP作成・リニューアルは福岡のハブワークスまでお気軽にお問い合わせください。ウェブサイト公開後の修正・更新もお任せください。フリーランスだからできるリーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ