macOS MojaveにアップデートしたらSassがコンパイルできなくなった時の対処法

2018年11月10日
Sponsored Link

macOS Mojave

「ダークモードがかっこいいな」という気軽な気持ちでmacOS Mojaveにアップデートしたら、Sublime TextでSassがコンパイルできない!

"bad interpreter :Not such file or directory"

あーやってしまった。

では、エラー回避までにおこなった対処法をまとめます。

パッケージ管理システム「Homebrew」をインストール

とりあえずHomebrewに行って、下記のスクリプトをターミナルに貼り付けて実行します。

Homebrew

途中でPasswordを求められたりしますが、指示に従ってインストール完了まで気長に待ってください。

インストールが完了したら、ターミナルに次のコマンドうってHomebrewのパスを通します。

echo 'export PATH=/usr/local/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile

終わったらターミナルを再起動しておきます。

続いて「rbenv」をインストール

rbenvは複数のバージョンのRubyを簡単に切り替えられたり管理が楽になります。

先ほどインストールしたHomebrewを使ってインストールします。

ターミナルに次のコマンドを実行します。

brew install rbenv

インストール完了したら、path通します。次の2つのechoコマンドを実行します。

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

終わったらターミナルを再起動しておきます。

rbenvでRubyをインストール

現時点で最新安定版のRuby 2.5.3を次のコマンドでインストールします。

rbenv install 2.5.3

インストールが終わったら、次のコマンドでRubyのバージョンを切り替えます。

rbenv global 2.5.3

「sass」と「compass」を /usr/local/bin にインストール

次の2つのコマンドを実行します。

sudo gem install -n /usr/local/bin sass
sudo gem install -n /usr/local/bin compass

インストールが終わったら完了!

■さいごに

ちょっと簡単にまとめすぎた感はありますが、上手くいかない場合はググってください。

えっと、HomebrewのインストールにはXcodeが必要です。必要に応じてApp Storeからインストールしてください。

以上です!

follow us in feedly

関連記事

福岡のウェブデザイン事務所「ハブワークス」

HP作成・リニューアルは福岡のハブワークスまでお気軽にお問い合わせください。ウェブサイト公開後の修正・更新もお任せください。フリーランスだからできるリーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ