[WordPress] 任意バージョンのjQueryをfunctions.phpの設定で読み込む

2016年06月02日
follow us in feedly

wordpress1

WordPress4.5からインストール時に同梱されているjQueryがバーションが次のように変更されています。

WordPress4.4 WordPress4.5
jQuery 1.11.3
jQuery Migrate 1.2.1
jQuery 1.12.3
jQuery Migrate 1.4.0

この変更が原因となる不具合情報をウェブ上でけっこう見かけますね。

そこで、WP本体のバージョンアップによりjQueryのバージョンが変わっても、任意バージョンのjQueryおよびjQuery Migrateが使えるように functions.php に記述します。

functions.php への記述内容

wp enqueue script関数を使ってjQueryの読み込みを制御します。

function add_my_scripts() {
  if ( !is_admin() ) {
  wp_deregister_script( 'jquery');
  wp_enqueue_script( 'jquery', '//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.3/jquery.min.js', array(), '1.11.3', false);
  wp_enqueue_script( 'jquery-migrate', '//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery-migrate/1.2.1/jquery-migrate.min.js', array(), '1.2.1', false);
  }
}
add_action('wp_enqueue_scripts', 'add_my_scripts');

ちなみに管理画面では同梱のjQueryを読み込ませたいので、2行目の !is_admin() で回避しています。

follow us in feedly

関連記事

福岡でホームページ制作を依頼するなら【ハブワークス】

ホームページ制作・リニューアル・スマートフォンサイト制作・ECサイト制作は福岡のハブワークスまでお気軽にどうぞ。WEBサイト制作後の修正・更新・SEO対策もお任せください。リーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。

webサイト制作・修正に関するお問合せ・ご相談・お見積りはお気軽にどうぞ