WordPress5.2からPHPの最低バージョンが5.6.20に。このタイミングでPHP7系へアップデートをオススメします。

Sponsored Link

WordPressは3月にPHP5.2からPHP5.5までのバージョンのサポートを終了すると発表し、WordPress5.1からはPHP5.6以下を使用しているユーザーにPHPの更新を促す通知をダッシュボードに表示していました。

PHP更新を促す通知

そして、WordPress5.2からPHPの最低バージョン5.6.20という条件を満たさない場合には更新ができなくなっています。

今後は早いタイミングでPHP7以降を最低必須バージョンにしてくると予想されますので、サーバーのPHPバージョンをアップする場合にはできればPHP7以降にすることをオススメします。

PHP7以降へのバージョンアップのメリット

WEBサイトの表示速度が上がる

メモリ管理手法の変更やデータ構造の改善により、バージョン5系と比較するとバージョン7系は内部命令実行数が1/3に削減され、パフォーマンスが約2倍向上しているそうです。

WEBサイトの安全性が上がる

PHPは大変人気のある言語ですので、セキュリティホールがあればハッカーの標的にされます。古いバージョンには修正プログラムが提供されていないので、外部から攻撃を受けたり、ウイルス感染のリスクが高くなります。

PHPバージョンアップにはご注意を

バージョン7系は下位互換性が高いとされていますので、バージョンアップに伴うエラーが全く無いケースもありますが、下位互換性のない変更点推奨されなくなる機能がありますので、作業後の確認もしっかり行う必要があります。

特にWordPressのプラグインを多用していると、エラーに悩まされる結果になりやすいですので、バージョンアップ前にはバックアップを忘れずに!

follow us in feedly

関連記事

福岡のウェブデザイン事務所「ハブワークス」

HP作成・リニューアルは福岡のハブワークスまでお気軽にお問い合わせください。ウェブサイト公開後の修正・更新もお任せください。フリーランスだからできるリーズナブルな料金設定でサービスをご提供いたします。